起業の始めの一歩

バーチャルオフィスは、通常の開業よりも少ない投資で、気軽に利用できるという最大のメリットがあります。契約内容によって、電話代行サービスや、郵便物の転送サービスを受けられ、執務室や会議室などもレンタルできるとなれば、使い勝手もさらに良く、利用機会もますます増えていくことでしょうし、そこからお客様へ向けて発信していく業務も、一般企業と変わりないくらいのサービスが提供できそうです。今や、起業は誰でも憧れ、人生の目標として目指すことができるようになってきました。

その気持ちを後押ししてくれるのが、このバーチャルオフィスではないでしょうか。始めは理想が大きく、あれもこれもと揃えるうちに、開業までに相当な経費がかかることでしょう。せめて、軌道に乗るまでは、誰しもなるべく経費を抑えて、早く利益を上げたいもの。切り詰められるところは切り詰めて、余裕が出てきたら、実際に事務所を構えるくらいの気負いで、このバーチャルオフィスを利用し、起業を始めてみてはいかがでしょうか。

もちろん、いきなりの起業はちょっと無理かもと言う方には、その起業準備期間としてのバーチャルオフィスのお試し利用もおススメします。最後にバーチャルオフィス業者選びはくれぐれも慎重になさってください。夢の実現は、もう目の前に迫ってきています。

レンタル会議室

事務代行や電話代行サービス、郵便物私設私書箱サービスなどは、わりと古くから事業として展開しているところも多くありましたが、オフィスはやはり実際に存在するものでした。そこからさらに進化して、バーチャルオフィスとなったわけですが、中には事務室や会議室などを実際に提供しているところもあります。もともとは、レンタルオフィス事業者で、そこから事業拡大となったわけですが、どちらかというと、何もない空間よりは実際に存在するわけですから信用度はさらに高まるでしょう。

さらに、通常業務ではほとんど使用しない会議室も格安でレンタルできるとなれば、これを利用しない手はないでしょう。利用できるパソコンなどの情報漏えいに関する対策がしっかりしている会議室などを備えていれば、社内外に重要な機密情報が洩れることもなく、利便性などの点でもさらに安心です。もしも、このような会議室を設けるとなると、単純な事務室以上にコストがかかることは必須です。そういった面からも、経費削減には最適です。最近では、大手企業でもこれらのメリットを考えて、社内外に知られたくない一部の会議などの際には、このバーチャルオフィスを利用するところが多くなってきました。

バーチャルな世界

最近では、バーチャルな世界がどんどん広がっています。不動産業界では、ゴーグルのような特殊なメガネで、何もない空間に、実際にこれから建築されるマンションの室内を見せてくれるところもあります。このように、バーチャルオフィスも、事実上の自分だけの夢のオフィスを存在させてくれるものです。それを実際に存在させようとすると、現実世界では、建物を建てる場所も狭くなり、事務所もひしめき合ってきています。何よりも地価高騰により、どんどん経費がかさむ一方です。やはり格安で事務所を構えることができるというのは、大変魅力を感じます。

そこで、バーチャルオフィスがどんどん台頭してくるようになり、ひと昔前よりもだいぶ増えてきました。ですが、実態のないバーチャルオフィスは、イマイチ不安がつきものです。残念ながら、実際に、それを利用した悪徳業者が存在していることも確かで、サービス内容などをよく調べて確認してみることが大事です。その上、一時は、その実態の無さを逆手にとり、出会い系業者や振り込め詐欺グループなどが架空会社を設立して、犯罪に利用されることもあり、信用を無くすことも多くありました。バーチャルなだけに、残念ながら不安定な要素も多いのが事実です。

バーチャルオフィス状況

バーチャルオフィスとは、実際に入居し、敷金や保証金などが発生するレンタルオフィスと違って、入居せずに住所や電話番号を借りられ、郵便物の転送や電話代行サービスなどを受け、まるで本当にそこに事務所があるかのように対外的にも示すことのできる空間としてのオフィスです。中には、レンタルオフィスも兼ねてサービスを提供しているところもあり、執務室はもちろん、会議室なども実際に提供している業者もあります。サービス業者によって、丸の内や新宿など、都心のビジネス一等地に住所を置くこともできるので、それだけで取引先などから信頼を得ることも可能です。

最大のメリットは、実際のオフィスと違い、格安な経費で済むことです。ただし、法人銀行口座の開設や、社会保険・雇用保険などの申請が難しいので、よく確認したほうがよいでしょう。昨今の経済事情などから、今はサラリーマンでも、近い将来は自分で独立して会社を設立したいと思っている人たちがどんどん増えてきました。

その際、始めは自宅で開業する方も多いでしょうが、だんだん規模が大きくなってくると、仕事をしていく上で必要なものが増え、やはりそれなりの広さが必要になってきて、経費が増大していきます。また、自宅と会社が同じですと、必然的に登記簿上に個人情報を広めることになり、いろいろな意味で危険を伴うこともあります。開業したい業種にもよりますが、まずはバーチャルオフィスからスタートしてみてはいかがでしょうか。