バーチャルオフィス状況

バーチャルオフィスとは、実際に入居し、敷金や保証金などが発生するレンタルオフィスと違って、入居せずに住所や電話番号を借りられ、郵便物の転送や電話代行サービスなどを受け、まるで本当にそこに事務所があるかのように対外的にも示すことのできる空間としてのオフィスです。中には、レンタルオフィスも兼ねてサービスを提供しているところもあり、執務室はもちろん、会議室なども実際に提供している業者もあります。サービス業者によって、丸の内や新宿など、都心のビジネス一等地に住所を置くこともできるので、それだけで取引先などから信頼を得ることも可能です。

最大のメリットは、実際のオフィスと違い、格安な経費で済むことです。ただし、法人銀行口座の開設や、社会保険・雇用保険などの申請が難しいので、よく確認したほうがよいでしょう。昨今の経済事情などから、今はサラリーマンでも、近い将来は自分で独立して会社を設立したいと思っている人たちがどんどん増えてきました。

その際、始めは自宅で開業する方も多いでしょうが、だんだん規模が大きくなってくると、仕事をしていく上で必要なものが増え、やはりそれなりの広さが必要になってきて、経費が増大していきます。また、自宅と会社が同じですと、必然的に登記簿上に個人情報を広めることになり、いろいろな意味で危険を伴うこともあります。開業したい業種にもよりますが、まずはバーチャルオフィスからスタートしてみてはいかがでしょうか。